トピックス 志望動機の回答方法
■メニュー
トップ
第一印象で決まる!
志望動機の回答方法
辞めた理由を伝えるコツ
自分の将来像についても聞かれる!
次の仕事まで期間が空いている場合
人間関係について聞かれたら
最後の質問で聞くべきこと
面接で企業側に確認すべきこと

企業の採用面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが「志望動機」です。

企業側にとっては面接をしている相手の入社意欲やコミュニケーション能力、自分の考えをわかりやすく、そして相手が納得できるような説明ができるかのプレゼンテーション能力など、さまざまな能力を見極めるためにおこなう質問のひとつとなっていますが、志望者からすると答えをまとめるのが難しい質問のひとつですよね。

志望動機を伝えるもっとも無難な回答は、応募した企業の事業内容や職種に対して、自分がなぜ興味を持ったのかということを具体的に説明することです。

例えば食品販売をしている企業の営業職に応募した場合、食品販売に関しての興味と営業職への興味を、志望動機としてどれだけ具体的に説明できるかということになります。

注意したいのは、企業側が求めているのは採用後にその人が持っている能力をしっかり発揮して、戦力となってくれる人材であることを忘れないことです。

どんなに自分の志望動機を具体的に伝えることができても「なりたい・やりたい」の理想だけを語ってしまうと、面接官にも将来的なビジョンを与えることができません。

もしも自分が採用されたらどんな利益を企業側に与えることができるのか、入社後のイメージをうまく相手に伝えることも大切です。

志望動機の説明は自分のアピールをすると同時に、その企業の良いところを褒める時間でもあります。

その企業の求人に応募したということは、求人内容を見て「いいな」と思ったということですから、その「いいな」と思ったことについて簡潔にまとめて伝えるようにしても良いでしょう。

良いところを褒められて嫌な気分になる人が少ないように、自分の企業を褒められて嫌な気分になる面接官もあまりいません。

そして、できれば1つの志望動機を深く掘り下げて説明するより、2つ以上の動機を簡潔にまとめた方が良い印象を与えやすくなります。

自己アピールだけでなく企業の良いところをうまくまとめるようにできれば、志望動機を考えるのも難しくないかもしれません。