トピックス

辞めた理由を伝えるコツ

■メニュー
トップ
第一印象で決まる!
志望動機の回答方法
辞めた理由を伝えるコツ
自分の将来像についても聞かれる!
次の仕事まで期間が空いている場合
人間関係について聞かれたら
最後の質問で聞くべきこと
面接で企業側に確認すべきこと

転職のための採用面接であれば、必ず「前職の退職理由」を聞かれます。

「給料が安い」、「人間関係に不満」、「やりたい仕事がやれない」など、どんな退職理由であれどこかにネガティブな面が潜んでいるのが退職理由ですが、それをそのまま採用面接で伝えてしまうのは良いこととは言えません。

ネガティブな退職理由が本当の理由だったとしても、それをそのまま採用面接をしている企業側にぶつけてしまうと、それは前の会社に対する愚痴になってしまいます。

辞めた理由についてネガティブに答えてしまったり、前の会社の悪口を言ってしまったりする人を採用すれば、またネガティブな理由ですぐに会社を辞めたり、よその採用面接で自分の会社について悪口を言われたりするのではないか、という印象を企業に与えてしまいます。

そんな人を採用したいと思う企業はあまりいませんよね。

それでも答えなければいけないのが退職理由ですが、ネガティブな理由をポジティブに変換して答えることができれば問題ありません。

よくある退職理由のひとつに「人間関係」がありますが、人間関係に嫌気が差して会社を辞めたと伝えてしまっては、人事担当者もいい顔をしません。

前の会社で人間関係をうまく築けなかったということは、もっとチームワークを活かした仕事がしたかった、もっと周りと意思疎通をはかりながら仕事がしたかった、ということに言い換えることができます。

「給料が安い」という理由についても、お給料は仕事の成果やその人の努力に対して支払われるものであるため、自分の努力や実績、仕事の成果を正当に評価してもらいたいという理由に言い換えられます。

その他の退職理由についても、考え方次第で前向きな理由として言い換えることができるので、どんな退職理由であってもネガティブな印象はなるべく抑えるようにし、前向きな理由で転職活動に挑んでいるという印象を与えられるよう、ポジティブな言い方を選びましょう。