トピックス

人間関係について聞かれたら

■メニュー
トップ
第一印象で決まる!
志望動機の回答方法
辞めた理由を伝えるコツ
自分の将来像についても聞かれる!
次の仕事まで期間が空いている場合
人間関係について聞かれたら
最後の質問で聞くべきこと
面接で企業側に確認すべきこと

転職活動をしている人の中には、前の会社での人間関係が問題となって退職したという人もいるかもしれません。

退職や転職理由の中でも多いのが前職での人間関係ですが、そうした理由で転職活動している場合、新しい会社での採用面接でどのように伝えるべきなのでしょうか。

人間関係の悪さで退職したのであれば、それを採用面接で伝えるべきではないと考えましょう。

採用面接で経歴などについて嘘をつくのは良いことではありませんが、たとえ人間関係が問題となって退職したのが本当のことでも、それをありのまま素直に伝えてしまうのでは、採用する企業側にとって良い印象を与えることにはならないからです。

人間関係が悪化したりギクシャクしたりということは、どんな企業でも起こりうることのひとつなので、人間関係がイヤで退職したという人を採用したら「また人間関係で退職されてしまうのではないか」と採用側でも考えるのが普通です。

そんな風に思われてしまっては、採用されるのは難しくなってしまいますよね。

前職を人間関係で辞めたとしても、そのまま正直に伝えるのではなく、前の職場ではできなかったチームワークを活かした仕事などが、応募した企業ではできると思った、というような退職理由を伝えると良いでしょう。

正直に「人間関係に疲れて退職した」と伝えれば、前職での人間関係について掘り下げて質問されるかもしれませんが、こちらから前職の人間関係について触れなければ面接官から人間関係について深く触れられることもあまりありません。

またどんな理由で退職した場合でも、採用面接で前の職場について悪く言うのはやめておきましょう。

前の会社で大変な思いをして退職を決意し、転職活動をしていることで誰かに愚痴りたくなる気持ちも分かりますが、それを新しく採用されるかもしれない企業の面接官にする必要はありません。

採用されるかどうかは好印象を残せるかどうかがカギとなっていますので、面接官の前ではなるべく明るくポジティブに話せるようにしたいですね。