トピックス

最後の質問で聞くべきこと

■メニュー
トップ
第一印象で決まる!
志望動機の回答方法
辞めた理由を伝えるコツ
自分の将来像についても聞かれる!
次の仕事まで期間が空いている場合
人間関係について聞かれたら
最後の質問で聞くべきこと
面接で企業側に確認すべきこと

新卒者でも転職者でも採用面接のときにほとんど必ず聞かれる「最後に何か質問はありませんか?」という言葉。

つい「特にありません」と答えてしまいそうになりますが、ここは面接官に自分をアピールできる時間でもあり、好印象を残すポイントでもあります。

最後にする質問なのですから、面接官と話す内容にあわせてうまく質問ができるように、事前にいくつか質問を考えておくようにすると良いでしょう。

やる気をアピールできる質問としては、
「入社までにどんな勉強や資格を取っておけば役に立ちますか?」
「志望している部署ではどのような仕事をしているのか、詳しく教えてください」
「今自分が持っている資格(もしくは積んできた経験)では実際の仕事に足りないものがあれば教えてください」

といったようなものがあります。

入社できた場合の将来を見据えていること、どんどんスキルアップをしていこうという意欲がわかる質問なので、面接官にとっても良い印象を与えやすい質問の代表例です。

そのほかに面接を受けた企業が特別におこなっている事業があったり、これから展開していこうとしている事業があったりする場合は、その事業内容について質問してみるのも良いでしょう。

企業について詳しく調べてきているということがわかり、入社意欲を伝えやすい質問です。

逆に「してはいけない質問」も存在します。

面接を受ける企業のホームページに書いてあって誰でも知ることができるような内容や、これまでの流れで面接官が話してくれた内容をそのまま質問することは避けましょう。

人の話を聞いていない、下調べができないという印象を持たれる可能性があります。

また、有給休暇や昇給、福利厚生など、まだ入社が決まったわけでもないのに自分の給与や休暇ばかり気にしているような質問もNGです。

給与や休暇は誰でも気になるものですが、まずは働く意欲をきちんと見せましょう。

そしてどんな質問であっても面接官がYESかNOの一言で返事ができる質問はしないよう、具体的な話が聞けるような質問内容を心がけてください。