トピックス

面接で企業側に確認すべきこと

■メニュー
トップ
第一印象で決まる!
志望動機の回答方法
辞めた理由を伝えるコツ
自分の将来像についても聞かれる!
次の仕事まで期間が空いている場合
人間関係について聞かれたら
最後の質問で聞くべきこと
面接で企業側に確認すべきこと

特に転職者であれば気になるのは採用後の給与や待遇など。

内定や入社が決まってから「思っていた待遇と違った」という理由で採用を辞退されたり、すぐに退職されてしまったりしては企業側も困ってしまいます。

企業側と応募者のミスマッチをなくするためにも、気になることは可能な限り確認しておくようにしましょう。

とはいえ、いきなり給与や賞与、休暇の取り方などについて一方的な希望だけを伝えたのであれば、企業としてもいい印象を持てません。

また給与はその人の仕事ぶりや成果にたいして支払われるものなので、あまりに具体的な数字を聞かれても、実際に仕事をしてもらうまでははっきりとは答えられないというのも企業側の正直な考えでしょう。

ですから、まずは企業側に対して入社意欲や働く意欲、入社後もスキルアップしていくという意欲を面接でしっかりと企業側に伝えることが大切です。

働く意欲がしっかりあることを伝えたうえで、どのような条件で働きたいかを伝えるようにします。

条件面については求人情報などである程度はわかっていることなので、勤務地や勤務スタイルなどすでに提示されている条件についてを改めて確認するという作業になります。

一方的な希望を押しつけるのではなく、提示されている条件について具体的に確認するようなかたちで質問していくと、企業側にもそれほど悪い印象を与えにくいと言えます。

給与を多くもらいたい、残業ができないというような希望は誰にでもあると思いますが、それを一方的に伝えただけであれば企業側から「単なるわがまま」と受け取られてしまう可能性もあります。

ただ漠然と給与をたくさんもらいたいとか残業をしたくないという希望ではなく、なぜ給与を多くもらいたいのか、なぜ残業ができないのか、明確な理由を説明できるようにしなければなりません。

どうしても譲れない希望がある場合は、明確な根拠を説明できるように準備しておくことが必要です。

気になる諸条件の確認は、企業が納得出来るような自己アピールをしっかりとしたうえで、企業側に失礼にならないような言い方でおこないましょう。